認知症Stadium
NPO  Ubdobe 医療福祉エンターテインメント
ケアフル 生活サポート・クラウドサービス 
介護のほんね
ふくしら介護
コチユカ! こちら愉快護情報局
HELPMAN JAPAN
ヘルプマン!
治療院の検索・求人情報サイト
せんねん灸セルフケアの森
院長ナビ 口コミ広がるスゴ腕の院長ナビ
訪問鍼灸・マッサージ 訪問navi
整体・マッサージの口コミサイト「ヘルモア」
EPARKからだリフレ
yelp
日本みずぽっと体操協会
 日本みずぽっと体操協会

  facebook

「パーキンソン病情報館」はパーキンソン病の患者、家族、友人の方達のご要望に合った治療院との出会いの一助となることを目指している全国治療院ポータルサイトです。
関節リウマチを防ぐ手立て、関節リウマチの治療法をおしらせします。
しびれの治療の総合情報サイト
   しびれ治療NAVI
脳梗塞情報館
     脳梗塞治療情報館
整体・カイロなび
鍼・灸情報サイト「ラクナビ」
出張整体・訪問鍼灸で京都の介護・福祉を支援  蓬蓮花 ほっと訪問ケアステーション 土・日・祝祭日も休みなく営業

詳しい説明、お問い合へわせは・・・福祉の心あふれる蓬蓮花へ

電話受付時間AM6:00~24:00

℡090-3273-6636
『ホームページを見ました!』 とお電話を。お気軽にご相談ください(無料)

📞090-3273-6636

エリアマップ

*Blog

《今日のデクノボー》

一般社団法人日本ケアラー連盟
きょうと認知症あんしんナビ
みつけて.net 認知症高齢者を見守ります
みつけて.net (認知症高齢者を見守ります)
京都福祉情報サイト KYOTO294.net
京都福祉情報サイト KYOTO294.net
男性介護者と支援者の全国ネットワーク
男性介護者と支援者の全国ネットワーク
地域福祉・ボランティア情報ネットワーク

介護うけられる方、ヘルパー・ご家族を含め介護する方、そして介護・福祉にたずさわる全ての皆様の「笑顔」「安心」「健康」が蓬蓮花の願いです。

パーキンソン病とリハビリ

パーキンソン病

パーキンソン病はドーパミンが出ないということ以外は、私たちと何ら変わりないという理解が必要です。

 

疾患の概要

 パーキンソン病は中脳黒質の神経細胞が編成し、神経伝達物質の一つであるドーパミンが著しく減少あるいは消失して起こる病気です。ドーパミンが減少すると筋緊張が強くなり、運動がしづらくなるという特徴があります。原因は不明で50歳以上での発症が多く、高齢になればなるほど発症率は上がります。

 

症状と経過

 4大徴候である運動症状(振戦・固縮・無動・姿勢反射異常)も大きな特徴ですが自律神経症状である便秘・頻尿・発汗異常・起立性低血圧もきにかけなくてはなりません。特に精神面では、周りの理解がないと抑うつ傾向になりやすいことも多く経験します。また嚥下障害も起こりやすいですが、寝たきりの場合はこの点にあまり注意が払われないことも多いため、誤嚥性肺炎になることもあります。

パーキンソン病の主な症状

  1. 身体の動きが緩慢になる、遅くなる(無動・寡動・動きが少ない
  2. )倒れやすくなる(姿勢反射障害)
  3. 手足の筋肉がこわばる(固縮)
  4. 手足がふるえる、振幅の大きなふるえ(安静時振戦)

 

治療の知識

 パーキンソン病の根本的な治療薬は未だに確立されていませんが、薬物療法が主に行われています。外科的療法(脳深部刺激術など)も行われていますが、手術後に症状は軽快しても、長期間の効果は望めないとされています。

 薬物の効果が身体にあわなくなるときがあり、振戦などの症状が激しくなることがあります。その場合は、長期滞在型の施設入居者でも専門病院に入院をして、薬の調整をしなければなりません。

 

リハビリテーションの実際

 パーキンソン病のリハビリテーションは、硬くなる関節(特に体幹)を動かすことを中心に行います。

【リハビリテーションプログラム】

  1. 関節可動域訓練(体幹の回旋運動を中心に)
  2. うつぶせ体操(お腹側にクッションを入れる
  3. )筋肉増強訓練(お尻上げを基本にする)
  4. 歩行訓練

 

パーキンソン病の歩行訓練

 パーキンソン病の歩行訓練は、前に足を出すのではなくて上にあげるように意識づけることが重要です。

【練習方法】

  1. 平行棒や手すりの内側の床にビニールテープなどではしご状の枠をつくる
  2. 枠の中に右足を入れて、次の枠に左足をいれる
  3. これを繰り返す

*ポイント

 パーキンソン病の特徴として”すくみ足”があります。そのため普通にあるこうとすると足がでないのですが、またぐ動作はできる方が多いため”はしご”を模倣した線を用意するとよいです。また階段昇降も有効であることが多いです。

 

介護におけるポイント

  • 体幹の回旋が不得意な方が多いため、歩くことはできても、寝返り、起き上がりが苦手です。
  • この場合は「甘えていてはダメ」や「いい加減にしてください」などと強い口調で言わないで、さりげなく手助けをすることが重要です。
  • 緊張すると動きが鈍くなるため「早くしてください」などと急かしてはいけません。急かすと余計に足がすくみ、動けなくなります。
  • 薬の効果が切れるとまったく違った身体になるため、転倒に注意を払います。
  • 薬の副作用で舌がもつれ、本人が一生懸命に話しても相手にしてもらえないことが多くあります。
  • 介助者は障害をよく理解して話を聞き、応えていくことが症状の進行を抑えることにつながるかもしれません。