認知症Stadium
NPO  Ubdobe 医療福祉エンターテインメント
ケアフル 生活サポート・クラウドサービス 
介護のほんね
ふくしら介護
コチユカ! こちら愉快護情報局
HELPMAN JAPAN
ヘルプマン!
治療院の検索・求人情報サイト
せんねん灸セルフケアの森
院長ナビ 口コミ広がるスゴ腕の院長ナビ
訪問鍼灸・マッサージ 訪問navi
整体・マッサージの口コミサイト「ヘルモア」
EPARKからだリフレ
yelp
日本みずぽっと体操協会
 日本みずぽっと体操協会

  facebook

「パーキンソン病情報館」はパーキンソン病の患者、家族、友人の方達のご要望に合った治療院との出会いの一助となることを目指している全国治療院ポータルサイトです。
関節リウマチを防ぐ手立て、関節リウマチの治療法をおしらせします。
しびれの治療の総合情報サイト
   しびれ治療NAVI
脳梗塞情報館
     脳梗塞治療情報館
整体・カイロなび
鍼・灸情報サイト「ラクナビ」
出張整体・訪問鍼灸で京都の介護・福祉を支援  蓬蓮花 ほっと訪問ケアステーション 土・日・祝祭日も休みなく営業

詳しい説明、お問い合へわせは・・・福祉の心あふれる蓬蓮花へ

電話受付時間AM6:00~24:00

℡090-3273-6636
『ホームページを見ました!』 とお電話を。お気軽にご相談ください(無料)

📞090-3273-6636

エリアマップ

*Blog

《今日のデクノボー》

一般社団法人日本ケアラー連盟
きょうと認知症あんしんナビ
みつけて.net 認知症高齢者を見守ります
みつけて.net (認知症高齢者を見守ります)
京都福祉情報サイト KYOTO294.net
京都福祉情報サイト KYOTO294.net
男性介護者と支援者の全国ネットワーク
男性介護者と支援者の全国ネットワーク
地域福祉・ボランティア情報ネットワーク

介護うけられる方、ヘルパー・ご家族を含め介護する方、そして介護・福祉にたずさわる全ての皆様の「笑顔」「安心」「健康」が蓬蓮花の願いです。

脊椎圧迫骨折とリハビリ

脊椎圧迫骨折

圧迫骨折は、イスやベッドに着座する瞬間に細心のケアを行うことが重要です

 

疾患の概要

 高齢者では骨粗鬆症が起因となることが多く、椎体の強度を超えた力が加わることで起こります。胸椎や胸腰椎の移行部(第11胸椎~第2腰椎)で最も多くみられます。転倒で起こることがよく知られていますが、疲労骨折(衝撃が少しずつ蓄積されて何かの拍子に折れる)なので咳やくしゃみ、尻もちでも起こることがあります。

 円背という背中が丸まっている状態も、脊椎圧迫骨折(多発性)であると考えてよいです。

 

症状と経過

 骨折した周辺に強い痛みが発生し、寝返りができないほどの痛みも珍しくありません。ぎっくり腰のようにもみえますが、圧迫骨折による骨片が脊柱管を通る神経を圧迫して神経症状(放散痛・しびれ)や自律神経症状を起こす場合もあり、早期の受診が求められます。中には長い時間をかけて徐々に椎体が圧迫されることもあり痛みが伴わない場合もあります。

 

治療の知識

 脊椎圧迫骨折の治療はベッドにおける臥床、安静にすることが基本です。安静の期間は、骨がある程度固まるまでの1ケ月を目安にしていますが、高齢者の場合、廃用症候群になってしまうと骨折が治っても寝たきりになることもあるため、どのタイミングで起こして良いのかの判断は様々です。

 痛みは安静を続けていると自然に軽快します。しびれなどの神経症状がない場合は、体幹コルセットや腰椎軟性コルセットを用いて、脊椎が動かないように固定します。骨折が完全に固まるまでに2~3ケ月かかるため、圧迫骨折受傷から3ケ月が過ぎるまでは、高齢者にとって激しい運動は控えるべきです。

 

リハビリテーションの実際

 前途したように脊椎圧迫骨折直後は安静を保つことが望ましく、リハビリは骨折の状態が良好になってから行います。筋力訓練は腹筋と背筋を中心に鍛えますが、痛みが生じるときは控えます。一番重要なことは”予防”で、座り方の指導をしっかり行うことです。

【リハビリプログラム】

  1. 精神面へのアプローチ(言葉かけ)
  2. ホットパック(腰)
  3. 軽擦・マッサージ(背中~腰を軽くさする)
  4. 筋力増強訓練(腹筋・背筋)
  5. 再発予防教育(座り方の指導)

 

*注意点

 認知症の方は痛みが引くと起き上がってきますし、座ることが出来れば歩き始めます。その時は動きを制限するのではなくて一緒に付き添い合わせます。着座する瞬間だけ注意が必要です。「ドスン」と座らないように必ずサポートをしましょう。