認知症Stadium
NPO  Ubdobe 医療福祉エンターテインメント
ケアフル 生活サポート・クラウドサービス 
介護のほんね
ふくしら介護
コチユカ! こちら愉快護情報局
HELPMAN JAPAN
ヘルプマン!
治療院の検索・求人情報サイト
せんねん灸セルフケアの森
院長ナビ 口コミ広がるスゴ腕の院長ナビ
訪問鍼灸・マッサージ 訪問navi
整体・マッサージの口コミサイト「ヘルモア」
EPARKからだリフレ
yelp
日本みずぽっと体操協会
 日本みずぽっと体操協会

  facebook

「パーキンソン病情報館」はパーキンソン病の患者、家族、友人の方達のご要望に合った治療院との出会いの一助となることを目指している全国治療院ポータルサイトです。
関節リウマチを防ぐ手立て、関節リウマチの治療法をおしらせします。
しびれの治療の総合情報サイト
   しびれ治療NAVI
脳梗塞情報館
     脳梗塞治療情報館
整体・カイロなび
鍼・灸情報サイト「ラクナビ」
出張整体・訪問鍼灸で京都の介護・福祉を支援  蓬蓮花 ほっと訪問ケアステーション 土・日・祝祭日も休みなく営業

詳しい説明、お問い合へわせは・・・福祉の心あふれる蓬蓮花へ

電話受付時間AM6:00~24:00

℡090-3273-6636
『ホームページを見ました!』 とお電話を。お気軽にご相談ください(無料)

📞090-3273-6636

エリアマップ

*Blog

《今日のデクノボー》

一般社団法人日本ケアラー連盟
きょうと認知症あんしんナビ
みつけて.net 認知症高齢者を見守ります
みつけて.net (認知症高齢者を見守ります)
京都福祉情報サイト KYOTO294.net
京都福祉情報サイト KYOTO294.net
男性介護者と支援者の全国ネットワーク
男性介護者と支援者の全国ネットワーク
地域福祉・ボランティア情報ネットワーク

介護うけられる方、ヘルパー・ご家族を含め介護する方、そして介護・福祉にたずさわる全ての皆様の「笑顔」「安心」「健康」が蓬蓮花の願いです。

関節リウマチとリハビリ

関節リウマチ

リウマチは、関節に負荷をかけすぎないケアが必要です。

 

疾患の概要

 関節リウマチは全身性の炎症疾患であるため。全身の状態の観察が重要です。原因は未だに不明で、寒冷地の青壮年の女性に多く、手指や足指肘や膝などの関節が対称性に侵されていくのが特徴といえます。また、皮膚、目、肺、心臓、筋肉、神経、血管にも症状がでることがあります。

早期リウマチの診断基準

  1. 朝のこわばり
  2. 3つ以上の関節で押さえたり動かすと痛みを感じる
  3. 2つ以上の関節で炎症による腫脹がみられる
  4. リウマトイド結節(皮下結節)
  5. 赤沈値が20mm以上または
  6. CPR陽性リウマトイド因子陽性

 

症状と経過

 全身の倦怠感(易疲労性)、微熱、食欲不振、体重減少、痛みやこわばり感が前駆症状です。局所的には滑膜炎からの症状で少しずつ自覚してくる場合が多く、手足や膝などに限局した痛みと腫れと大きく感じます。痛みが出てくると、関節を動かしたくないために、すべての関節に拘縮が起こってしまいます。また活動量が著しく減るために、筋力低下や骨萎縮も併せて起こります。

 関節外症状としては、貧血、リウマトイド結節、肺病変、心病変(心膜炎)、腎病変(腎炎など)、神経病変(神経炎)、眼病変(強膜炎、シェーグレン症候群など)などがあります。


指の変形

  1. スワンネック変形
  2. ボタン穴変形
  3. 尺側変位
  4. 外側母趾と槌趾

 

治療の知識

 薬物療法が主な治療と思われがちですが、バランスのとれた食事(栄養補給)と安静が基本的な治療です。関節が硬くならないように、関節可動域の維持や痛みのない範囲での適度な運動が重要になります。薬物療法では、非ステロイド性消炎鎮痛薬・ステロイド剤・抗リウマチ薬・生物学的製剤の4種類の薬剤を使用します。それぞれの薬の副作用を知っておくとよいでしょう。

  • 非ステロイド性消炎鎮痛薬:副作用が少ない
  • ステロイド剤:骨が脆くなりやすい
  • 抗リウマチ薬:腎機能障害
  • 生物学的製剤:感染症など

 

リハビリテーションの実際

 リウマチのリハビリは過度な運動は避け、膝などの関節に過度な荷重をかけないことがルールです。主に身体を温めることと、各関節を痛みの出ない範囲で動かす運動が中心となります。

 

【リハビリテーションプログラム】

  1. 入浴またはホットパック
  2. 関節可動域訓練(自分で関節を動かすことが原則)
  3. 筋力増強訓練(関節をあまり動かさずに行う)
  4. 日常生活動作訓練(特に移乗の仕方と座り方)